苔の趣味小屋

旅先での写真やスケールモデル、電化製品の雑記レビューなどを広く浅く取り扱います。

バス(北海道)

【3/19追記】遂に登場!新顔エアロスターノンステップ

こんにちは






ここ最近札幌市内の事業者にも新顔のエアロスターがやってきたばかりですが、遂にこの車もやってきました。






P3141072-2
(15-03-14 札幌駅前歩道上にて撮影)




P3181331-1
(15-03-18 時計台前歩道上にて撮影)




P3191448-12
(15-03-19 札幌駅前歩道橋上にて撮影)

ジェイアール北海道バス 札幌営業所
三菱ふそうエアロスター QKG-MP38FMF 2015年式 
札幌200か3928 534-4958 
札幌200か3929 534-4959
札幌200か3930 534-4960

巷ではゲテノンと呼ばれる部類のエアロスターで、前後で段違いになっている窓が特徴的ですね。
北海道内では旭川電気軌道が同タイプの車を導入しているようですが、札幌市内の事業者では初のようです。

今回は2台導入されたようです。
3台確認しました。失礼しました。



P3181352-1
(15-3-18 札幌駅前バスターミナル付近歩道上にて撮影)

リアについては現行車と変わりないように見えます。








おそらく数日前に導入されたようですが、何故かノンステ車を示す「NONSTEPBUS」のロゴが見当たりません。後日添加されるのか、それともノンステ車が浸透したという考えで特別な表記は入れないのかは不明ですが、気になるところです。





P3181388-1
(15-3-18 時計台前歩道上にて撮影)


P3141084-2
(15-03-14 札幌駅前ターミナル前歩道橋から撮影)

ふそうのノンステ車自体、新製導入はかなり久々のようです。
今後数を増やしていくのか、それとも少数派で終わるのか、今後の動向に注目です。





それでは
 

ジェイ・アール北海道バス 521-1965

DSCN9639-2 - コピー
(2011-08-02 厚別営業所にて許可を得て撮影)

今回は少し前のバスを。

ジェイ・アール北海道バス 厚別営業所→晩年は長沼営

富士重工7E+いすゞ U-LV218N 91年式
521-1965号車 札幌22か1447

もうすっかり懐かしくなってしまった「JR北海道バス」スタイルの7E
赤いシートに白いビニールのフチの座席が懐かしい

確か近鉄バスのブルーリボンで置き換えられましたね。たしか



それでは、また

道南バス160号車 札幌200か・843

P1230388-2
(2015-01-23 歩道上から撮影)

道南バス 160号車 札幌200か・843

日野ブルーリボン P-HU233BA
(元東京都交通局)


札幌市内で数少ない元都営バス車の生き残り
例の通り、某校のスクールバスとして運用されています。


年開け初めて運用を確認しましたが、まだまだ現役のようですね。





この車とJHBの1096、一体どちらが先に落ちるのでしょうか。。
今のうちに記録しなくてはいけませんね。

DSC_9033-2
参考までに(厚別営業所・撮影許可済)



それでは、また

厚別CNG車 4台ともイベント輸送へ

644-3

8月1~3日に開催されたアクセスサッポロのイベントの無料シャトルバスとして厚別営業所所属の元札幌市営CNG車4台が日にちを分けて全車運用されました。

置き換えが噂されている同車を記録する最後のチャンスだと思い行って参りました。






今回撮影できたのはこの4台

643-1
札幌200か643





644-1
札幌200か644





645-1
札幌200か645





646-1
札幌200か646(3日目は運行されず)











給油1

最寄りのGSでCNG充填をする様子(乗務員様に許可を得て撮影)






普段はスクール便に運用を固定しているので学校関係者以外で乗るチャンスはこれで最後かと思われます。
(車内広告が琴似時代のスポンサーのままな辺り、一般路線には一切入れないつもりのようです)


夏休みでスクール便が運休の中の登板でした。



644-2


643-2







今後の動向は不明ですが、余り息の長くない車ですので、今回このようなカタチで記録できることが幸いでした。


643-3



乗務員様 この場ではございますが、感謝申し上げます。
また、御一緒したお二人お疲れさまでした。

元都営バスで行く留萌ツアーレポ(後編)

DSC_0057-2

前回の更新ですが多くの反応がありまして嬉しい限りです。
ありがとうございます。

さて今回は後編です。

通常は一般の入場は固くお断りしているそうですが今回特別に見学をさせていただきました。





●この記事についてのお願い●
当ページに掲載した画像は、ジェイアール北海道バス株式会社様・沿岸バス株式会社様より特別に許可を得て営業所構内や回転場内などで撮影したものです。なおこの記事に限った事ではありませんが、特筆が無い限りは画像の著作権は筆者にありますのでご理解ください。








ずらっと並んでいる沿岸バスですが一部をご紹介します。



DSC_0131-2
▲白い皆さん

一目瞭然ですが、
右から元自家用・神奈中・都営・神奈中という面々になります。

他の事業者とは異なり、元の事業者の特徴を残したまま運用されています。







DSC_0073-2

一方近年は自社発注車の増備も活発に行われているようで真新しいエアロスターもおりました。
窓周りがブラックアウトされていないのが素敵です。
塩害のせいか少し錆が目立っています。







DSC_0141-2
▲復刻塗装のブルーリボン

また復刻塗装のバスは乗ってきた車だけではなくブルーリボンも施されています。
こちらは93年式元JR東海バスの車両です。
中扉は使われていません。









DSC_0129-2
▲日野ウィングが眩しいセレガがやってきました。

いい感じにサビサビのセレガは95年式
近く置き換え対象になるか微妙なラインですが素敵なセレガです。







1時間程度見学させていただいたのち留萌を後にします。






 


DSC_0215-2
▲国稀酒造の駐車場にて

復路の途中で先ほど通過した増毛の酒蔵である国稀酒造(くにまれ)さんで寄り道
参加者の皆様は豊富な地酒の試飲や樽の見学されていました。










DSC_0205-2
▲札幌へ向けて日本海を南下します。

この車もまさか海を見ることになるとは思っていなかったでしょう






DSC_0273-2
▲中央バスの特急幌(ぽろ)行きとの出会い






その後2時間ほどかけて無事札幌へと帰還しました。







DSC_0249-2

一時期は多くの台数を誇ったJHBの元都営バスのブルーリボンですが、
現在残っているのはこの一台のみ。
これから最後の活躍をします。




主催・企画のくろさきさん
参加者の皆様
ジェイ・アール北海道バスの担当者様・ドライバー様(お二人)
沿岸バスの担当者様・ドライバー様

特にドライバー様。全行程の安全運転お疲れさまでした。

この度は、ありがとうございました。
この場はございますが、お礼申し上げます。




それでは。
ギャラリー
  • ジェイアール北海道バス 95年式路線車 廃車に
  • ジェイアール北海道バス 95年式路線車 廃車に
  • ジェイアール北海道バス 95年式路線車 廃車に
  • ジェイアール北海道バス 95年式路線車 廃車に
  • ジェイアール北海道バス 95年式路線車 廃車に
  • ジェイアール北海道バス 95年式路線車 廃車に
  • ジェイアール北海道バス 新型エルガ
  • ジェイアール北海道バス 新型エルガ
  • ジェイアール北海道バス 新型エルガ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: