こんにちは


先日札幌市内初のMP38ノンステップ車両を記事として掲載しましたが、
同じく新顔である同社のMP35についてもご紹介したいと思います。



 PC200069-1
(14-12-20 敷地内許可を得て撮影)

新製配置かつ営業運転前の様子です。

ジェイアール北海道バス 厚別営業所
三菱ふそう QKG-MP35FP 2014年式

札幌200か3893 534-4961
札幌200か3894 534-4962

撮影当時は2台の導入となっています。
P尺ということでその存在感は堂々たるものです。



新顔のエアロスターのワンステ車については中央バスが先に導入していたようですが程無くしてJHBでも導入されています。

【参考までに】
P3181301-1
(15-03-14 時計台前歩道上にて撮影)





PC200139-1
(14-12-20 敷地内許可を得て撮影)

こちらは方向幕LEDの試験点灯の様子ですが、特に現行車との違いは見受けられません。

後ろに停まっているのが同型車の534-4962です。
サピカシールや内装電装の準備も出来ていることから数日後に営業運転を開始したようです。







PC200045-1
(14-12-20 敷地内許可を得て撮影)

リアについても特に現行車との差異は感じられません。







この時には予想もしていなかったMP38のノンステ車でしたが、次第にこのMP35も含めて見慣れた顔になって馴染んでいきそうですね。


ジェイアール北海道バスMP38ノンステ車についてはこちらから

P3181331-1
(15-03-18 時計台前歩道上から撮影)





今後どのような展開をしていくのか注目です。

それでは