苔の趣味小屋

旅先での写真やスケールモデル、電化製品の雑記レビューなどを広く浅く取り扱います。

札幌市電の方向幕、残りわずか


DSC_2423 - コピー-22
(15-03-31 西線11条電停付近、歩道上から撮影) 


おそらく市電ループ化の準備だと思われますが、
札幌市電の方向幕が順次LED方式に改装されています。


たった1か月で全体の半数以上が更新され、未更新車は残りわずかということもあり記録・・・

と言っても過去に撮影したものがありますので、運行本数の少ない「西線16条」行きに的を絞ってみました。



緑色に光る方向幕も過去の物になってしまうようですね。

それでは 

ジェイアール北海道バス 534-4961 新顔MP35

こんにちは


先日札幌市内初のMP38ノンステップ車両を記事として掲載しましたが、
同じく新顔である同社のMP35についてもご紹介したいと思います。



 PC200069-1
(14-12-20 敷地内許可を得て撮影)

新製配置かつ営業運転前の様子です。

ジェイアール北海道バス 厚別営業所
三菱ふそう QKG-MP35FP 2014年式

札幌200か3893 534-4961
札幌200か3894 534-4962

撮影当時は2台の導入となっています。
P尺ということでその存在感は堂々たるものです。



新顔のエアロスターのワンステ車については中央バスが先に導入していたようですが程無くしてJHBでも導入されています。

【参考までに】
P3181301-1
(15-03-14 時計台前歩道上にて撮影)





PC200139-1
(14-12-20 敷地内許可を得て撮影)

こちらは方向幕LEDの試験点灯の様子ですが、特に現行車との違いは見受けられません。

後ろに停まっているのが同型車の534-4962です。
サピカシールや内装電装の準備も出来ていることから数日後に営業運転を開始したようです。







PC200045-1
(14-12-20 敷地内許可を得て撮影)

リアについても特に現行車との差異は感じられません。







この時には予想もしていなかったMP38のノンステ車でしたが、次第にこのMP35も含めて見慣れた顔になって馴染んでいきそうですね。


ジェイアール北海道バスMP38ノンステ車についてはこちらから

P3181331-1
(15-03-18 時計台前歩道上から撮影)





今後どのような展開をしていくのか注目です。

それでは 

東豊線7000形車両搬出


P3181433
 
国道上を走っていると何やら車両らしきものが・・・

近くのコインパーキングに車を止めて近づいてみると



P3181407-1
(15-03-18 敷地外・歩道上から撮影)

東豊線の車両でした。
吊革や手すりって廃棄しちゃうんですね。

東車両基地の敷地内に2両が搬出のトレーラーに乗せられて出発の時を待っていました。




P3181415-1
(15-03-18 敷地外・歩道上から撮影)

7202とありますので7000形の第二編成のようですね。
9000形が導入されてことによる玉突きで除籍になった車両と思われます。 






P3181416-1
(15-03-18 敷地外・歩道上から撮影)

こちらは先頭車の7102号車
すっかり中の内装は剥がされているので鋼体がよく見えますし、
運転席側の窓も大きく見えます。




P3181409-1
(15-03-18 敷地外・歩道上から撮影)

札幌市章は前面・側面ともに剥がされているので中古部品販売で出品されるかもしれませんね。

こうしてみると新製時に地上を見てから廃車されるまでの間ずっと地下にいたことになります。
まだまだ走れそうな感じでしたがより安全や保守、利便性を考えるとこうして新しい車両に交換されるのは仕方がありません。

27年間、お疲れさまでした。
そして未だにベールに包まれている9000形は姿を現すのでしょうか。



それでは 
ギャラリー
  • ジェイアール北海道バス 95年式路線車 廃車に
  • ジェイアール北海道バス 95年式路線車 廃車に
  • ジェイアール北海道バス 95年式路線車 廃車に
  • ジェイアール北海道バス 95年式路線車 廃車に
  • ジェイアール北海道バス 95年式路線車 廃車に
  • ジェイアール北海道バス 95年式路線車 廃車に
  • ジェイアール北海道バス 新型エルガ
  • ジェイアール北海道バス 新型エルガ
  • ジェイアール北海道バス 新型エルガ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: